豊川稲荷(豊川閣妙厳寺)!信長や秀吉も信仰した東海を代表する名刹

豊川稲荷(豊川閣妙厳寺)!信長や秀吉も信仰した東海を代表する名刹

人出数予測:約130万人(2017年)
ご利益:家内安全・商売繁盛・交通安全・学業増進・身心堅固

豊川稲荷の場所

豊川閣妙厳寺(豊川稲荷)

愛知県豊川市豊川町1


豊川稲荷の交通アクセス

【電車】JR豊川駅から徒歩約5分、名鉄豊川線豊川稲荷駅から徒歩約5分

【車】東名高速豊川ICから約10分
例年、大晦日から正月三が日の期間中に交通規制がある。
駐車場や周辺道路など大変混雑するので公共交通機関の利用を勧めている。
例年、大晦日深夜から元旦早朝にかけて交通機関の特別運行がある。


グーグルマップ

Sponsored Link

豊川稲荷の営業時間

12月31日5:00~21:00、23:45~1月1日21:00、1月2・3日5:00~21:00、
御祈祷受付時間1月1日~3日5:00~16:00


豊川稲荷の駐車場

400台 (大駐車場500円/1回)


豊川稲荷の設備・サービス


豊川稲荷の特色は

室町時代に開創され、織田信長や豊臣秀吉らの信仰を集めていたと言われている曹洞宗の寺院。

正式な寺号は円福山 豊川閣 妙厳寺だが、境内にまつられている鎮守の稲荷が有名なため、豊川稲荷と呼ばれることの多い寺院。

江戸時代からは庶民の間で、商売繁盛や福徳開運の善神として信仰が広がり、現代でもその御利益を求めて多くの人々が参拝に訪れる。

Sponsored Link
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク